日本のMRの現状について

MRとは医薬品メーカーの医薬情報担当者のことを意味します。

詳しく言えば、医薬品を正しく使うために医療従事者を訪問し品質、有効性、
安全性などに関する情報を提供したり、伝達したりすることを仕事としている人のことです。

最近ではこのMRの就職希望者が増えているようです。

MR BiZへ行く。 http://mr.ten-navi.com

製薬業界は安定していて、社員待遇もよいと言われているからのようですが、
実際はどうなのでしょう。

医薬情報担当者という名前がついていますが、基本的に自社の製品を販売しなければいけません。

当然ノルマもあるようです。

ですから、医薬品についての情報は当然のこととして、医師と世間話ができるようないわゆるネタももっていなければいけません。

MR

医薬品についての情報もすでに知っているようなことでは意味がありません。

本来なぜ、この仕事が必要かというと、薬には副作用があり、市販薬と違い病院で使われる医薬品はとくに強いものが多いため、
そのことを医療従事者にしっかりと伝えなければならないからです。

ですから、薬に関してはプロであり、相手に上手く伝える能力も必要とされます。

各製薬会社はその教育や人材育成にも力を入れています。

ですから、人気職ではありますが、大変な仕事でもあると言えそうです。