生命保険は入っても得をしない

生命保険というのは万が一、自分に何かあったときに支払われる保険のことですが、これに入っている人はたくさんいると思います。しかし、ほとんど多くの人が入っている生命保険は実は、加入していてもあまり得することがない保険でもあるのです。

これはなぜかというと、保険金を受け取る可能性が高い生命保険というのは、保険料が非常に割高になっているからです。ですから、万が一に備えて生命保険に入るのは安心を買うという意味ではいいですが、実際に生命保険に加入してもすぐ亡くなったりする人はそんなにいないのです。

ですから、生命保険に加入してもあまり得をすることはないのです。家族のためを考えて備えとして入るなら、必要最低限の額にしましょう。

Related posts:

  1. 日本のMRの現状について